bali*photo





Welcome to Paradise :: 2013/03/12(Tue)
DSC_0019_20130218184101.jpg

見て見て

まさにDarmadaという名の楽園・・一歩踏み入れると夢の世界です

よーく見て!黄色いのがチョウ達
それも半端ない数
まさにディズニーの世界のようだったヮ
もちろん私が主人公のプリンセス

やっぱりシドメン最高

DSC01529.jpg

日本ではバナナの実なんて絶対にお目にかかれませんよ

DSC01718.jpg

DSC_0001_20130218184100.jpg

敷地内が結構広いので子供連れは絶対オススメ

このワンちゃんに嫌われちゃってよく吠えられました
遠くから私の事狙ってるでしょ

DSC01645.jpg

ブランコもせっかくなのでお約束で乗っちゃいました
足元には私の大好きなパイナポー畑
ちなみに昨日スーパー行ったら売り切れでガッカリだったよ
食べたかったのにー
パイナポーはニホンの方が美味しいネ、てかフィリピンかな?
バリのはパッサパッサしてて改良が必要です

DSC01745.jpg

お部屋の前にはジャックフルーツ取り放題
煮物は嫌い・・

DSC01747.jpg

このネコチャンがねー
いつもこの顔で何か訴えかけるんだけど私はネコ派じゃないのでワカンネ

嫌われてると思ったんだけどずっと私の後をつけまわしてたんだわ
みんなでご飯食べてる時もワザワザアタシのイスの後ろに陣取って寝てたよ

DSC01751.jpg

こんな美しい蝶もお目見えです

DSC01726.jpg

花も咲き乱れる楽園の庭

DSC01714.jpg

DSC01652.jpg

蝶がねー

DSC01564.jpg

せっかくなので動画もお披露目しますヮ



Darmada di Sidemen是非またいつか泊まりたいナ

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. stay Darmada




シドメンいろいろ話 :: 2013/01/28(Mon)
DSC01769.jpg

結構楽しみにしていました・・

何を?シドメンのDarmadaのプール
でも見ての通り苔生すプールで近所の子供やオーナーの子供たちの遊び場になってました

まっ子供達はよいですヮ
でもこの緑加減はプールじゃなくて池です
水がタイルの色で緑に見えるのかジッと目視してみたけどやっぱり放置された苔です

迷った挙句ちょっと主張してみました
楽しみにしてたんだよねって・・控えめに・・
そしたら翌日お掃除してくれました

その結果が上の写真
お掃除半日&水溜め半日かかりました
でもここのスプリングウォーターは冷たかった

DSC01543.jpg

スタッフから小耳にはさんだ情報で近所に
Sacred Mountain Sanctuaryセークリッドマウンテンサンクチュアリというホテルがあるらしい
そこのプールは大きくてよいゾとの事
そのホテルの名前は聞いたことあるけど噂は聞かないし
散歩がてら行ってみよーという好奇心がニョキニョキ湧いてきた

Darmadaから公道にでると真正面にホテルの看板発見
車一台通れるこの道を行けばいいんだ・・とワクワクした気持ちで散歩が始まりました

しっかし人気のないところを歩けど歩けどたどり着きません
お籠りホテル(外に気軽に出られない)なんだなぁ・・などとのんきに考えてました、最初は

やっと人の家のようなものが道脇に出てきたけどホテルではない
・・とその時犬が出てきてすごい勢いで吠えられました
家には誰もいない様子で犬は吠えるのをやめません
そのまま私は進行方向に向かって進む(しかなかった)のですが
振り向くと犬の様子は戻ってきたらタダじゃすまないからなって言ってます

困った事になったなぁ
帰りもこの道歩いて帰らないといけないのに・・

約2キロくらい歩いたでしょうか
やっとホテルが現れました

ここで更にショックな出来事
ホテルは廃墟に

そう無人になっちゃってました
ちょっとホテル内を探索しましたが確かに大きなプールはあるけど幽霊ホテルじゃん

こんなとこに長居してさっきの犬でもやってきたらイヤだけど
絶対あの道通らないと帰れないし・・超ブルー入りました

おっよくよく見ると洗濯物が干してあるので管理人さんがいそうです

ハロ~と声かけた・・返事なし

しゃ~ない
・・と歩いて帰ろうとしたら運よくバイクに乗ったお爺さんが戻ってきました
どうやら管理人さんのようです

バイクで送ってくれない?って言ったらすぐにイイョって
なんて優しいお爺さんなんでしょう

帰りにRp10,000(約100円)渡したらスゴイ抱きつかんばかりに喜んでくれました
こっちこそチューしたいくらいだヮ

これがSacred Mountain Sanctuaryセークリッドマウンテンサンクチュアリで唯一撮った写真

しかし結構大きなホテルだけど廃墟になった後はどうするんでしょ??

DSC01752.jpg

話はコロッと変わって私のバリでのマイブームがこれ
ミニッツメイドのマンゴの果肉入り

台湾の空港ではこれのオレンジジュース果肉入りをガボガボ飲んでいた私
やっぱジュース最高!

DSC01793.jpg

で、最後にこの花なんていう名前なんでしょう?
木になっている時は黄色なの

追記:早速G様からお名前情報いただきました
ハイビスカスハマボウです
G様ありがとうございます

DSC_0053_20130128112748.jpg

だけど木から落ちると1枚目の写真のように全く別のオレンジ色に変わる不思議花です

実は私まだまだモヤモヤうぃんた~ずが続いているので長編ブログで現実逃避しちゃいました

取り留めの無い話を読んでいただいてありがと

DSC_0057_20130128112749.jpg

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. stay Darmada




リバーサイドレストラン :: 2013/01/17(Thu)
DSC01545.jpg

流れ的にはY resort Ubudのレストラン・・じゃあないところが気ままブログのbali*photo

私の大好きなSidemenシドメン村は山あり田んぼありそして大きな川が流れています
朝はマーケットが村人の社交場ですが夕暮れが近くなったらこの川が男性陣の社交場へと・・

DSC01569.jpg

みんなまっパ(真っ裸)になってマンディを始めます
・・なので近づきにくい&凝視出来ない風景へと

でもDarmadaのお宿はこの川の所が入り口なので避けられない

DSC01572.jpg

そして川に一番近い所にWarung Melitaというワルンが敷地内にあります
日本では考えられない四方がオープンエアのレストラン
こんな気持ちが良いレストランはなかなかないョ

レストランの外にも椅子やテーブルが置いてあるので
子供連れはピクニック感覚でお勧めです
でもシミ爆弾たくさん抱えているお年頃の私はやめときます

DSC01734.jpg

やっぱりタイル屋さんなので色が可愛いです
かなり女子度アップ・・頑張れ私
この豚さん貯金箱みたいに背中にお金入れる穴がありましたが・・?

DSC01548.jpg

夜はオーナーのワヤンさんとか他のお客さん達と蛍があそこ!あそこ!と
子供のようにハシャイダ次第です
バケーション気分100%に浸ってハジケマクッタ

DSC01576.jpg

ロウソクってハエ除けってご存知でした?
ロマンティックだなぁと思っていたんですけど

DSC01578.jpg

ビンタンビールも美味しい

DSC01581.jpg

せっかくなので食べた物いくつかをご紹介
これはソトアヤムだっけか?にしては具が多いんだよ

DSC01756.jpg

ナシチャンプル(色気がないのと味にインパクトが欲しかった・・)

DSC01704.jpg

スパゲッティナポリタン

DSC01665.jpg

ナシゴレン

DSC01583.jpg

アメリカ人のカポー(カップル)と話に花が咲いたある夜は
雷ゴロゴロのバケツをひっくり返したような雨が降り出しました

スタッフは大慌てでスダレのようなものを下ろしてくれました

私達は何食わぬ顔でチョコレートケーキセットまでいただき(写真ない!)
ホントにエキサイティングな夜でした

日本に帰ってからアメリカ人カポーからメールをもらって彼らがウブドに行った時に
もしかして私に会えないかなという期待半ばで街歩きをしたと書いてあった
社交辞令でもうれしいじゃーないですか!

それほどシドメンの滞在は濃密で楽しかった・・

ワルンメリタは特に専用のシェフがいるわけではなく、ホテルのスタッフが作るわけで
当たり外れもあるし当たりも大当たりはないお味が正直なところ
でもここのケーキはKUEのチョコレートケーキレベルの美味しさでした
ちなみにケーキセットはRp25,000(約200円)

DSC01729.jpg

あ・・朝食の食べかけでスミマセン

こんな素敵な空気の中で時間に追われず朝食をいただくなんて贅沢の極みでした

VACATIONバンザイ

DSC01728.jpg

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. stay Darmada




タイル屋さんのお宿 :: 2012/12/10(Mon)
DSC01818.jpg

タイルもアートですねー
いやぁ好きだヮ

初めてシドメンに来た時からこのタイル屋さんはあったのだけど
オーナーのワヤンさん曰く3年前から構想を練ってつくりあげたお宿だそう

お部屋もふんだんにタイルが使われている楽しいお宿です

ではまずは私が泊ったピンクのお部屋から

シドメンで織られるソンケットのクッションとランナーがアクセントのベッドです

DSC01519.jpg

外観はこんな感じでイメージはアーリーアメリカンって言ってたっけ

DSC01535.jpg

お部屋はこの小さめのリバーサイドだけど
敷地内のレストランはシドメンの大きなリバーサイドにあるんだよ

DSC01549.jpg

お隣さんとの仕切りは簡単な物ですが仲良くなればあまり気にならない

DSC01537.jpg

ジャングルの中のお宿って感じでしょ♪

DSC01538.jpg

自然な造りがいい感じ♪
半露天のシャワーもきっもちよかった!

DSC01525.jpg

さてブルーのお部屋に行ってみよー

やっぱりピンクの方がホッコリして好きかも

DSC01522.jpg

スペースも充分です
ただファンもないので暑かったらどうしようと思ったけど
私が泊った時はちょうどいい感じでした

ちょっとだけ暑い時があったけどそんな時はおふとんを蹴飛ばしちゃえばOK

キャノピー(天蓋)があるのでおふとん蹴飛ばしても天敵の蚊も心配なし
って言うかリバーサイドでこんなに自然の中なので結構心配していたけれど
ほとんどにっくき蚊には遭遇しませんでした

DSC01533.jpg

DSC01536.jpg

さてブルーとピンクどっちに泊まりたい?

DSC01532.jpg

        DSC01523.jpg

オーナーのワヤンさんがもうすぐ1ヶ月滞在する人から予約が入っていると驚いていました
1ヶ月かぁ・・

人の事なのにどんな滞在をするのかいろいろ妄想しちゃったよぉ

DSC01524.jpg
Darmada di Sidemen

レストランやプールやまだまだ続きます・・

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. stay Darmada




まだまだ夢の中 :: 2012/12/04(Tue)
DSC01558.jpg

バリ旅でふやけてしまった脳と体の社会復帰もやっと終えホッとしております
いちおー社会人ですからのぉ

完璧リフレッシュしたので心に余裕と笑顔がありますので
これを長続きさせるにはブログを書きながら楽しかった日々を思い出して
これからたまっていく日々のストレスを解消していきたいと思っているわけです


ところでハンモック初体験だったワケですが意外と気持ち良いですョ

前回癒し以上の川の流れサウンドと書いたので是非動画で体感してほしいヮ



どーですかっ!これがノンストップですョ(当たり前)
慣れるまではちょっとしばらくこの音止めてくれない?って気持ちにもなるもんです・・



それから動画の中でもチョウチョが何匹が映っているんですけど
とにかく半端なくたくさん飛んでます

ここのお宿に足を踏み入れた途端たっくさん飛んでいたのを見て
まさにWelcome to paradiseと言わんばかり
ディズニーの映画の世界のようだったヮ

こちらのお宿は淡いブルーとピンクのコテージに分かれていて
お部屋はそれぞれ2つづつ

着いた日には誰もいなくて、だけど荷物が運ばれたのはピンクの方
もしどこでもいいよって言われたらブルー好きの私は迷っただろうなぁ
なんとなく気が合う部屋だったのでピンクの館にそのまま落ち着いた私

その後やってきたアメリカ人カポーは距離感を置いてブルーの方に泊るんだろうなと
信じてやまなかった
っが!!プールでひと泳ぎしてお部屋に戻るとなぜかピンクのお隣にいる???

思わず自己紹介しながらDo you like pink?って思わず口から出てしまったヮ


リバーサイドのテラスの反対側は田んぼに面したテラスがあるので
こっちでもまったりできるんだなぁ

DSC01520.jpg

自然好きにはたまりませんわ
夜は蛍が飛んでるよ~
あ~幸せな時間だったなぁ・・

DSC01719.jpg
Darmada di Sidemen

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. stay Darmada