bali*photo





GARPU RESTAURANT :: 2011/07/28(Thu)
DSC_0110.jpg

RAMA CANDIDASA resort & spaで忘れちゃいけないのが
プール横にある海岸フロントのGARPU RESTAURANTです

水上ですョ

早速、窓際に座ってみました

ちょっと楽しみにしていたアフターヌーンティーの時間に行ったのですがコメントに及ばず

DSC_0111_20110728183045.jpg

視線を右にやるとこんな感じ

DSC_0112_20110728183043.jpg

プールと反対側はホテルの敷地の外になってビーチがあるんですヮ

DSC_0114.jpg

レストランの窓からの眺めです

海の風景は新鮮でしたヮ

DSC_0118_20110728183038.jpg

DSC_0148_20110728183206.jpg

DSC_0149_20110728183204.jpg

超楽しみにしていた朝食ビュッフェ

DSC_0222_20110728183159.jpg

卵とパンケーキを焼いてくれるコーナー
やったぁ~これよこれ
私が朝食ビュッフェで一番好きな物

パンケーキにかけるオレンジシロップが美味しかったのでパンケーキおかわりした私

DSC_0223.jpg

このシチュエーションで朝食を堪能できるなんて幸せじゃな~い?

DSC_0154_20110728183202.jpg

夜はタクシー使って外食もありだけど、ホテルもそれを阻止するかのように
1週間に2回、サテナイトパスタナイトをやってます

確か700円くらいで食べ放題で(飲み物別)バリ舞踏のショーもあります

ホントはパスタナイトに参加したかったのだけど日程合わず

サテも嫌いじゃないけど日本の焼き鳥のようにそう何本も食べれる物じゃございません

でも工夫を凝らして魚やシーフードそしてつくねとかいろいろあったような気がする・・

ビュッフェ形式になっていたと思うけどこの日は体ダルダルだったので
おまかせでレストランスタッフに取ってきてもらうというズルイ女

IMG_0113.jpg

こちらはある日のディナー

あまりお腹が空いてなかったのでミーゴレン頼んだらこんな大きなお鍋で出てきてびっくり

DSC_0138_20110728183036.jpg

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. stay RAMA CANDIDASA




バリの楽しみ方♡ :: 2011/07/26(Tue)
kako-QzcfojI5uCdrzhLY.jpg

日本にはないチェンパカの花はとにかく官能的な香りがい~の

ウブドの市場に花を買いに行こうと思っていた所に道端で花売りのおばーちゃんに出会った

袋いっぱい入っていたので定宿のあちこちに飾りまくった
これで夜はいい香りにつつまれて眠れるのだ

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. nature flowers




CAFE BISTRO :: 2011/07/21(Thu)
DSC_0202.jpg

ラマチャンディダサホテルは1日1回だけのシャトルサービスがあります
朝10時にチャンディの中心地に連れてってくれて自由行動のち12時にホテルに戻るというコース

あんまり融通がきかないサービスなので初日に1回行きだけ利用してみた
帰りはホテルまで頑張ってジャランジャラン
徒歩20分ってとこかな

歩いている途中でお姉さん達の笑顔がチャンティックだったのと
ベーカリーという美味しい言葉につられて潜入してみた

昭和のノスタルジックな雰囲気と彩度の高いインテリアの調合されたビストロだった

オーナーはドイツ人とか言ってたような気がする

ご飯食べた後だったのでここではホテルに帰ってからのおやつ用にバナナマフィンを買ってみた
確か50円くらいだったけどフツーに美味しかったヮ
まぁバナナマフィンに不味いはないだろ

DSC_0199_20110715212924.jpg

DSC_0200_20110715212921.jpg

どんな食事ができるのかメニューとか見せてもらえばよかった・・バカ

でもこの壁に向かって座るおひとり様シートはいくらなんでも悲しすぎる

DSC_0201.jpg

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. food*cafe, warun & restaurant other area




88☆この数字の意味は? :: 2011/07/18(Mon)
kako-kg9T6crI1w8VHEey.jpg

クタのマッサージGARBUGARにはるばる行ったにも関わらず満足度が低くて
テンション急降下だった私ですがその帰りにMIE 88(ミードゥラパンドゥラパン)に行ってきた

今までずっと行きたくてもクタの中心部から離れているので行けなかったのですが
なんとGARBUGARの近くだったのねー

ちなみに今日の画像はすべてトイカメラ風にアレンジしています

ここのカウンターを見てみるとグラスのディスプレイからしてエスが美味しいのかな?

でも私が食べたのは昼食時なのでMIE 88特製汁麺Rp25,000+taxです

前はバリで麺類(ミー)をよく食べていたのですが最近の私はそうでもありません
なので最近ウブドのMie Ayam Jakartaもご無沙汰してましたヮ

kako-KpkbiwLIGOgbj4TO.jpg

ワンタンの皮が日本の物より薄くって繊細な口触り

もちろんお勧めだけあってエナッ

ここは食堂っぽいのですがクロボカンにもお店があるようで
そっちは田園の中にあるゆったりカフェ風で機会があったら行ってみたい

kako-InY5OQKgVyuHiv6t.jpg

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. food*cafe, warun & restaurant beach area




お部屋はどうよ? :: 2011/07/17(Sun)
DSC_0082_20110713205228.jpg

さてRAMA CANDIDASA resort & spaのお部屋はどんなものか興味津々でした
最初案内された時の感想は・・・正直テンション下がりました

なんにも悪くないョ

ただロスメンに慣れている私としてはこの密閉感がビジネスホテルっぽくってちょっとねー


Superior Wingという名のスタンダードですがロビーをはさんで
海から反対側にある4階建の建物です

エレベーターなるものはございませんで私のアサインされた3階まで
階段を昇り降りが必要です

なかなか立派な建物に見えますねー

DSC_0145_20110713205257.jpg

DSC_0085_20110713205226.jpg

バルコニーからの眺めはこんな感じ

眼下には民家が見えるのでローカルの日常生活がのぞき見しちゃいました
お爺ちゃんが孫を抱っこして庭に座ってまどろんだりしてた

向こうも気にする風でも無く手を振ったりしてくれました

DSC_0086.jpg

このSuperior Wingの奥に素敵な禅パークがあるので朝の散歩とか楽しい

DSC_0087_20110713205221.jpg

DSC_0081.jpg

どうもテレビがあると観ちゃうんだよねー
せっかくバリにいるのにー

でもホテルはいいよね
ミニバーにアクアを毎日無料で置いといてくれるから(ボンビー極まりない)

DSC_0088_20110713205259.jpg

洗面所も特記するほどの事もないか・・

DSC_0080_20110713205232.jpg

DSC_0147.jpg
RAMA CANDIDASA resort & spa

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. stay RAMA CANDIDASA




still around? :: 2011/07/14(Thu)
kako-NJhnaIHgpJfZvheO.jpg

今日のタイトルstill around?
これはバリ島で歩いていたら白人のおっさんに笑顔で言われた言葉

私はバリ旅の時、一眼レフカメラとデジカメを2台持っていく
travel lightな私の中で荷物の比重が多い唯一な物
とは言えフォトグラファーじゃないんだからたいしたことはない

せっかくのバリ旅なので写真は一眼レフで撮りきりたいけれど
実際バリの町中を歩く度にあの暑い中一眼レフ持ち歩く気力もない
結局デジカメをバッグの中に忍ばせる事になる

そんな私を魅惑するのは最近流行りのミラーレス・マイクロ一眼・フォーサーズ(4/3)等と
言われる代物

ちょっと店頭で触ってみたけどちっちゃくてよろしーなぁ
ボカシもうまい

一眼レフのミラーの部分がなくなるとほぼデジカメサイズになって
これならバリでいつも一緒にいられる

そんでstill around?の話に戻るけど
私の今の一眼レフは買ってから約2年半
別にビンテージものでもないし誰もが持っているフツーの大きさ

それを抱えて歩いていたらおっさんにまだそんなもの持ってるの?と言われたというワケ

おっさんはきっと世の中のカメラはもうデジカメサイズに統一されてしまって
一眼レフのカメラサイズが淘汰したと思っているのだろうか

おっさんの周りには一眼レフ持っている人はいないのだろうか

そしてそのお方の風貌が昔のヒッピーがそのままおっさんになった感じだったので
私こそおっさんにstill around?と投げかけたかった言葉なのだ

という笑えるお話なのだけれどいましばらくこの一眼レフを大切に使っていきたいと
決意した次第でございます

だってマイクロ一眼の特徴としてのコンパクトさには勝てないけれど
ジオラマだったりトイカメラだったりのアート表現はPCのソフトで充分イケるのだから

というわけでちょっと遊んでみた

上の画像がミニチュア加工
下の画像が平面加工

kako-hjcJxUveGdq9bDWt.jpg

これはキラキラ

kako-PnCGWLjyUV0OhQlz.jpg

夢の世界のようになる夢加工

kako-RW5KPISPl9jJxERC.jpg

オートン加工

kako-xGcOAtFb4KkNquvR.jpg

そしてこれが元々の画像

なんだか楽しーからこれから加工画像が時々登場するかも

ちなみに被写体のこのネコ10匹は母に買ってきたもの
以前ネコ4匹を買ってきてたんだけど友達の妹がうちに来たので勝手にあげちゃった私

その代わりと言ってはなんだけど今度は10匹だぞー

DSC_0007_20110714181716.jpg

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. shopping




VIVA☆VACATION :: 2011/07/11(Mon)
DSC_0137.jpg

どーっすっか?
ちょっと泳いでみたくなるプールじゃない?

DSC_0236_20110707204449.jpg

私、命がけで写真撮ってますよ
大袈裟?
だってこの写真、プールに入って一眼レフカメラを持ち~ので撮ってますよ

DSC_0235_20110707204736.jpg

とにかく気持ちが良かったんだわ~

私の4泊の短い統計の中では午前中は風が無くて泳ぐのに気持ち良くって
午後になると海風が段々吹いてきてちと肌寒く感じました

奥に見える建物がこのホテルが誇るGARPU RESTAURANTです

DSC_0239_20110707204732.jpg

ホテルアクティビティのひとつとしてヨガがありましたぁ
週に2回
朝8時から1時間
プールの横でそりゃあもうこんな所でヨガできるなんて夢のようだったヮ

DSC_0237.jpg

朝日があたるプール

DSC_0150_20110707204625.jpg

ザ・夕暮れ時

DSC_0135_20110707204627.jpg

スゴイねー
ソファーセットが外に置いてある~

驚き過ぎか?

DSC_0226_20110707204623.jpg

そんで目玉はこのゆらゆらラブリーデーベッド
3つありまして私もせっかくなので朝食の後、半日ほどここで読書させていただきましたョ
至福の時でしたヮ

DSC_0106_20110707204629.jpg

VIVA VACATION

DSC_0234.jpg

朝の海の風景もいい感じ

IMG_0115_20110707204729.jpg

OH! blue sky & blue sea

DSC_0227.jpg

残念な事にこのホテルはビーチがない
ザ・海岸ホテルだった
安いってこーゆー事?

DSC_0228.jpg

ENJOY SUMMER

DSC_0153.jpg
RAMA CANDIDASA resort & spa

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. stay RAMA CANDIDASA




PERAMA様、いつもお世話になっています その2 :: 2011/07/10(Sun)
IMG_0045_20110707163216.jpg

せっかく前回プラマ車でホテルに乗りつけた話をしたので引き続き・・

PERAMA様、いつもお世話になっていますでクタのターミナルの面白建物を
暴露したつもりだったけど再発見ありました

プラマターミナルの建物の中には待合室があるのはうれしいのですけれど
そこには池あり鳥かごには鳥を飼い~ので私の天敵モスキートが潜んでいるんですヮ

なので最近中に入ってなかったんですけど2階への階段を発見したので
登ってみたら更に待合室があってフリーの飲み物サービスコーナーがあったのです

そして階段の手すりには芋虫が・・

ここは1階より解放的なので天敵がいなさそう

IMG_0047.jpg

外見も充分凝っていたけど中もテーマパークのようなこんな造りになっていたとは驚き

それにしてもプラマの凄い所は私はクタ~ウブド(数泊)~チャンディダサだったので
フツーに考えたら最初にクタ~ウブドのRp50,000を払ってまたウブド~チャンディで
Rp50,000を払うのかと思っていたらクタ~チャンディのRp60,000でOKでした

あざ~す

IMG_0049_20110707163212.jpg

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. transport




RAMA CANDIDASA resort & spaプロローグ :: 2011/07/07(Thu)
DSC_0133_20110706211542.jpg

2011年5月+6月バリ旅のテーマはだったんですヮ
では毎回テーマを決めているのかと聞かれたら・・
だっていつもパターンとしてはほぼ同じだから

でも今回チャンディダサに行く事を決めた時からテーマが浮かんできた・・それだけ

次からもテーマを考えるのもよいかもね

ではなんでチャンディダサに行ったかというとそれは私の中で今一番バリで熱いスポットが
Karangasemカラガッサムエリアという事でその中にあるlagoonを見たかったから

時は閑散期という事で超破格の1泊¥3,000を見つけちゃった

とりあえず行ってみた

ほとんど写ってませんが左側がチャンディのメインロードで
そこから右側のビーチ&ホテルアクセスまで歩いたら5分くらいはかかるだろうか

この写真の自転車はホテルに3台だけ無料貸し出しの自転車が置いてあって
1度だけレンタルした時のもの
レンタルは8時からって書いてあったけど早朝のラグーンを見る為に7時に借りた私

DSC_0221.jpg

こちら、ホテルのエントランス
ちなみに真正面入口は左側で(なぜに真正面からの写真がないのか今更ながら過去の自分自身に問う)
向こう側が海&プール&レストラン&バンガロー(高いお部屋とも言う)
そして海から反対側の私が立っている方にホテル棟と私のお気に入りの禅パーク

ウブドからお馴染みプラマのバスでやってきた私はパタンバイで乗り換えて
ついに私ひとりになってしまった

ウブドからお昼時間の移動だったので私はケーキとチップスを買い込んで
ピクニック気分を楽しんだんですけど(かなり幸せ度高かったョ
きっとお腹が空いている周りの人はごくりx10と唾を飲み込んだ事でしょう

ドライバーがホテルまで乗りつけてくれてラッキーだったのですが
この高級なエントランスを見てプラマのシャトルでの乗りつけはチト気が引けた・・

着いたら花のレイまでかけられて舞い上がったヮ

DSC_0096_20110706211550.jpg

でもニワトリはどこでも出入りしちゃうってワケ
(朝、雨が降った模様)

目の前の建物はライブラリー

DSC_0276.jpg

このライブラリーから抜ける海へのアクセスがいい感じです(昼はこんな感じ)

私の泊ったSuperior Wingからは何処に行くにもエントランスを通らないといけないので
泳いだ後は水着でロビーを歩いちゃうわけですが良かったんですかね?

この右側にスパがありました

DSC_0097_20110706211547.jpg

15分のフリーチケットもらったのにやろうと思った時は期限切れだった・・

DSC_0099.jpg

飾りとはいえロビーのこのフルーツ盛りが気になってしょうがなかったわ
子供じゃないのに・・

IMG_0116_20110706211602.jpg
RAMA CANDIDASA resort & spa

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. stay RAMA CANDIDASA




WR MADE ROY :: 2011/07/04(Mon)
IMG_0154_20110704110703.jpg

ローカルワルン大好きな私としては何度か前を通りながらもやっとチョバしました


感想・・





大満足





なんで今までタメラッテいたかと言うとここはイカン系なのです

???

イカンとは魚なのだ


魚好きですョ
でもそれは大人になってから・・

子供の時は魚が大嫌いでした
(もともと魚に限らず食の細い食べる事に興味のないいたいけなオコチャマだった)
いたいけとは・・幼くてかわいらしいさま

なのでクセのある魚になるといまだにダメな時もあるのです


そんな心配をよそに魚のつみれスープはいいおダシがでていました
ミンタおかわり

魚のサテも焼き立てでオイシー
画像の右端のサテの棒が切れて見えなくなってしまってマアフ
今日の写真は全部ブレまくり

ごはんは戦時中を思わせる芋入りご飯でした

疑問があるんですけどきゅうりをそのまま上からポンと置いているのはいったい何の為?
よっちゃんぺっ(元気?)ならNGどころじゃないっつーに

この店構えはチト敷居が高いですか?

IMG_0159_20110704110657.jpg

店内は両脇に壁に向かってテーブルがあるので友達とご飯食べに行くというより
お腹を満たす為のひとり飯系のワルンです

壁に飲み物が並んでいますが冷蔵庫があるのでそこから好きなものテキトーに
取って飲んだら食べた後にチャージしてくれます

IMG_0156.jpg

右側でサテ焼いてて左側でサテの棒をお姉ちゃんが上手に包丁でカットしているなぁ~
と感心していたらいつの間にか携帯チェックに変わってました

みなさん携帯好きですねー

IMG_0158.jpg
ワルンマデロイWR MADE ROY di Ubud

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. food*cafe, warun & restaurant Ubud




Ubud Bungalow最終章 :: 2011/07/03(Sun)
DSC_0075_20110628211720.jpg

ガネーシャ像を見るとなんだかうれしくなります

バリではいろんなところで見られますがさすがに日本ではお見かけしませんねー

Ubud Bungalowでも入口でゲストを迎えてくれまーす

DSC_0072_20110628211722.jpg

JL.Monkey Forestの交通の激しい通りから見たエントランスはこんな感じ

DSC_0079_20110628211715.jpg

その左側にちっちゃなレセプションがあります

ロスメン生活の長い私にはこれだけでもテンションアガル

DSC_0077_20110628211717.jpg

そしてガネーシャ様に挨拶をしてズンズン歩いて行くと
老舗らしく苔むした入口がやっとお目見えです

DSC_0028_20110628211636.jpg

縦長にお部屋が並んでいます
だから奥に行けば行く程、静かなステイが出来るってわけですヮ

ちなみに左側は隣のホテルで森林の向こうにプールが見え隠れしてましたヮ

DSC_0029_20110628211634.jpg

スタッフ君達も頑張ってマジメに働いている模様

DSC_0031_20110628211632.jpg

さて気になるお部屋ですが古さは否めない
カーテンの向こうの窓は網戸がボロボロ
朝起きたらハチが部屋の中にいたよ(Don't mind!

この部屋の造りはKORI BALI INNを彷彿させます
いたってシンプル、装飾ナシですがシーツとかタオルはパリッと清潔

DSC_0063.jpg

部屋のスペースは充分っす

ここのうれしかった事はおひとり様でもタオルを2枚置いといてくれるし
毎日変えてくれる事

ロスメン流れ旅の私にはうれしー

水回りも全然問題なしでした

夜の照明も本を読むには全く問題なかったョ

DSC_0065_20110628211724.jpg

そしてこれがバルコニー
これはCendanaチェンダナの造りと一緒
(と言っても私がチェンダナに泊ったのはかれこれ6年も前の話)

隣が丸見えちゃん

私の隣人はアメリカ人の男性おひとり様

夜にスカイプでハ~イマ~ム♪と電話しているのが丸聞こえ
それも相手のお母さんの声もスピーカー付きだし

いやねぇ聞くつもりはなかったのですが静かな夜に聞こえてきたら耳に入るでしょ

今日は美味しいものを食べたんだよ
まぁ~いいわねぇ~

とほのぼのな会話でしたヮ

親孝行息子のようだったわ

DSC_0046_20110628211630.jpg

私はいつもプールの方に椅子を向けて本読んだりしてました

DSC_0047.jpg

だってこんなに素敵なビューがこっちにはあるんだもん

DSC_0014_20110628211641.jpg
Ubud Bungalow di JL.Monkey Forest

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. stay Ubud Bungalow