bali*photo





Blanco Renaissance Museum の続き :: 2008/06/19(Thu)
いつもベレー帽を被っていたというアントニオブランコ氏
うーん・・バリにはそんな人いないだろうなぁ

自らをバリのダリと名乗っていたそうです

ウブドからチャンプアンの川を見下ろしつつ橋を渡ったところで
ウブドらしからぬオブジェが見えてきます

antonio20.jpg

門をくぐって坂道を登っていきます

antonio21.jpg

バードパークを通り抜けると・・ついに美術館の入口です

antonio8.jpg

OH!バリとは思えない色合い&造りですね~

antonio10.jpg

バリダンサー・ロンジさんと結婚して4人の子供がいるそうですが
ここの裸体画は奥さんなんでしょうか・・・?

antonio9.jpg

額もスペイン人のアントニオさんの作品ということでまさにヨーロッパ風の絵画です

antonio11.jpg
Blanco Renaissance Museum ブランコルネッサンスミュージアム

フォトは禁止で~す!
別室でサベイランスカメラのチェックしてますよぉ  ごめ~ん

ソファに座らされてスタッフの人からアントニオの本を手渡されて読みなさ~いと
いたせりつくせりな美術館です

びっくりなのはトイレに蚊取り線香が焚いてあったりお手拭ペーパータオルが置いてあったり

最近普通のホテルとか泊まってないから驚くんだろうなぁ~
確かに昔泊まったホテルのプールのトイレとかアロマ焚いてあったもんナ・・遠い目


地球の歩き方最新版に入場料RP20,000て書いてあったのにRP50,000でしたヮ

To be continued・・

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

  1. museum